ンビラと旅のお話 in 下北沢
今週は暑かったですね~
本当毎日汗びちょびちょ
そんな今週から仕事も始まり、アッと言う間に1週間が過ぎ去りました。
会社のスタッフも同じような事をして来た人ばかりで、こんな私でも浮かずにすんでます


火曜日、初出勤の朝。人が川のように流れる。日本の朝ですね~




今日はというと、帰国後発となるトークライブのご案内。


といっても、そんな大それたものでもなく、下北沢のブックカフェのスペース
をお借りし、ひっそりとやらせて頂くというものです。
話の合間にはアフリカの民族楽器、ンビラの音を楽しんで頂けます。ンビラを演奏して頂ける
のは、日本のンビラ界にこの人ありと言われるSUMIさん。本当、いい音なんです。


詳細はこちら

日程: 2014年8月15日(金) 20時~21時30分
チャージ: 無料、投げ銭(1drink以上の注文をお願いします)
場所: 気流舎 URL
世田谷区代沢5-29-17飯田ハイツ1F 
03-3410-0024


(下北沢駅南口より徒歩5分。南口商店街下る。
餃子の王将、花屋、ファミリーマートを越えて
沖縄料理屋と古着屋の間を右折、すぐ。)

▼SUMI

IMG_1410.jpg

愛媛県出身。18歳の時にはじめての海外旅行、タイへの1人旅を経験。
それを機に海外を渡り歩き、2007年8月、
おとずれた国の人々に、時には命を助けてもらいながら、
飛行機をほとんど使わず陸路での世界一周を達成
(イエメンからソマリアへ船で渡ったのは日本人で初めて)。
この世界一周の途中、ジンバブエで出会ったムビラという楽器。
この楽器を使っていつかお世話になった世界の人々に恩返しがしたい、
と2008年、日本においてトンデライとワカと共に本格的ムビラ演奏グループ、
マズィタテグルを結成。2009年、ジンバブエのスピリットを奏でる
ムビラグループ、パシチガレムビラズに参加。
現在、日本から世界へと羽ばたくために東京で活動中。

ムビラ弾こうよ!
http://www.mbira.jeez.jp/

小さいブックカフェですので、当日はアットホームな雰囲気の中できるかと思いますので、
是非おこし下さい。また、スペースに限りがありますので、お越し頂けるのが確実であれば、
事前にご連絡頂けると助かります。

[2014/07/19 07:57 ] | After returning, 帰国後 | Comments:(0) | Trackbacks:(0) | page top↑
Will start working, 働き始めま~す


It’s been almost 2 months since I came back to Japan. Feels the time flow is much faster than when I was on the road. I have been meeting old friends and some guys i met on my way.

帰国してもう2ヶ月経とうとしていますね。 明らかに自転車を毎日漕いでいた時よりも時間が早く過ぎているような気がします。 ここ1ヶ月は地元の友人や旅で会った人との再会の連続でした









As some might know, I was visiting Okinawa, a southern small Island in Japan. There are some old school friends. I had been away from Okinawa for quite awhile, but they always welcomed me when I visited.

知っている人の方が多いと思うのだけれど、つい昨日までは沖縄へ遊びに行っていました。やっぱり沖縄に行くと童心に帰るというか、バカになれて良い。私のパワースポットに間違いない。長い間離れていても、暖かく迎えてくれる友人がいるというのは、本当ありがたい事。














A beautiful island Okinawa.
やっぱ沖縄綺麗だな~













The reason I visited Okinawa was that I found a job and would be difficult to have a combined holiday, let’s say 10days after getting started working. Some friends in oversea might be hard to understand that 0nly 10days holiday is difficult to obtain, but this is Japan.
When I was on the road, I was in many times trying to think how I should be like after finishing my journey. One day, I started clearly to be able to see my future, so it was not difficult to find the job.

今回沖縄へ遊びに行ったのも、仕事が決まったから。働き始めたらなかなか時間が取れなくなって沖縄の友人に会えなくなるからね。10日なんて連休日本ではなかなか取れませんからね。外国人の友人は「10日で難しいの?」って思うかもしれませんが、これが日本なのですよ。
就職活動は思った以上に上手く進んで、7月から某登山用品のメーカーで働き始める事になりました。


I won’t be able to have free times like now but will try to start giving talks about what I saw and felt in this journey.

仕事が始まれば今ほど時間に自由は利かなくなるとは思うのだけれど、その傍らトークライブを何とかやろうと考えています。まだはっきりと決まっている予定は無いのだけれど、日程が決まり次第告知する予定ですので宜しくお願いしま~す。


One of these YouTube video is from TV Saitama new that features on my journey. Unfortunately, all in Japanese. Another is from FM radio that I was on talk.

これは6月に放送されたテレビ埼玉の特集と、BayFM の The Flintstone に出させて頂いた時のものですので良ければ聞いてみて下さ~い。

テレビ埼玉, TV Saitama


Bay FM, The Flintstone

[2014/07/11 03:16 ] | After returning, 帰国後 | Comments:(0) | Trackbacks:(0) | page top↑
aid for developing countries, 途上国支援について
After I returned to my home, have started job-hunt. Meanwhile I am enjoying reunions with my friends in Japan and reading books. In this time, I posted some of my ideas that I had been thinking during my journey.

帰国してから就職活動をぼちぼち始めて、それ以外は友との再会や読書にはげんでいます。ちょっと今回は一つ思う事を書いてみました。



My experience for cycling in many part of the world is one of the most important events in my life, especially Africa gave me a lot of ideas. I was thinking in many times about the aids to developing countries.

世界を自転車で走った経験はおそらく私の人生でかなり重要な意味合いをもつ事になると思う。特にアフリカを走った経験は大きい。それくらいアフリカでは考えさせられる事が多かった。そんな中でよく考えていたのが途上国支援についてだ。


Enormous amount of supports have been provided by developed countries and IMF. Japan had announced that we decided to aid to Africa 140 billion dollars for next 5 years in last year. It is a loooooot!!
Generally, the aid for developing country is good way to help people and countries.

アフリカには先進国やIMFから巨額の資金が流れ込み、多くの国際NGOが活動している。日本のODAでも1兆4000億という金額がこの先5年間で支援される事が去年決まっている。これはとてつもない金額だ。途上国支援は「良い事」だと思われている。自分もアフリカを訪れるまでは、途上国支援は良い事だと考えていた。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS3104Y_R00C13A6MM0000/


However, I had started thinking the aid might cause negative reactions after visiting many part of Africa. I stayed many rural areas in Africa and saw that most of the people lived from hand to mouth. They don’t have much opportunity to work so very few incomes. NGO or whatever had made a school but some kids had to work for supporting him or her family. Just giving donations or things hadn’t changed their life!!

しかし、沢山のアフリカ農村部での滞在を経験した事が一般的な考え方が間違っている事に気付いた。その日暮らしを続ける人達、働きたいのに働く機会が無いという現実。学校があっても結局親を助ける為に学校に行かないで家を助ける子供。先進国から来るボランティアや活動家達がいくら学校や井戸を掘ってくれても、根本的に彼等の生活は上向いていない。むしろ、支援に依存する社会を作ってしまっているのに気付いた。


To improve their life is not succeeded by aiding or giving things. They need opportunities to work and get income. The money shouldn’t be the first, and developing the human power has to be the first aid.

国を変えるのに必要なのは金ではなくて人、やはりアフリカの人達が自分達で自立していくためには、働く機会を与えて、継続的に現金を得られる事が一番必要なんじゃないかといつも思っていた。


Now I came back to Japan and am trying to get back normal life here. Recently, I coincidently found the book named “Dead Aid” Dambisa Moyo.
http://www.amazon.com/Dead-Aid-Working-Better-Africa/dp/0374532125/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1403581802&sr=8-1&keywords=Dead+aid+books

そんな思いを抱きながら帰国の途について、つい最近本屋でこんな本を見かけて思わず買ってしまった。



I was shocked many people had the same ideas I had and was delighted to find it. This is really recommended.

この本を読んで、自分と同じ事を考えている人が沢山いる事に気づいて嬉しかったし、正しい事だと納得できた。もし国際協力に興味のある方にはお勧めしたい。


I was now seeing more fund raising campaigns in Japan compared to before. It seems social activities have been becoming more life standard here. It is good but however, it’s important to check how they will use aids; how effectively it has been used. If you cannot find it, shouldn’t stop.

日本に帰国して海外向けのボランティアや募金広告が多い事に気付いた。社会貢献が生活のステータスになって来ているのだと思う。そのこと自体は良い事だと思う。ただ、その援助が現地の人達に与える影響を考えてから正しい選択をして欲しいと思う。支援する団体がそのお金をどのように使っているのか、ちゃんとお金は有効に使われているのか、その内容がはっきりとしている事を確かめて欲しい。
[2014/06/24 13:10 ] | After returning, 帰国後 | Comments:(3) | Trackbacks:(0) | page top↑
PostScript あとがき
It's been a week since I came back to Japan. It was unexpectedly busy last a week, so I couldn't update.
What I felt last week in Japan was "this is absolutely beautiful county"; not only scenery, people and atmosphere.


帰国して1週間が、経ちました。帰国してすぐバタバタして、感慨に浸る暇も無く時間が経ってしまいました。ただ、そんな中でも感じたのは、やっぱり日本は美しい。



I arrived to Narita Airport on 13th of May. My parents were waiting for me at the arrival gate. As I came out from the gate, my mother was waiting right front of the crowd.
Her smile brought me back here, and I felt almost tear falling on my cheek. My father was behind of the crowd. We walked to parking lot.
My parents looked very exited, and I was as well of cause. However, in the same time, I felt so sorry because their excitement reminded me that they had been so worry and nervous for what I did last two and half years.
Of cause, I don't regret what I've done on my journey.
I really appreciate people who helped and gave me the words of encouragement. I surely wouldn't make it without those people. Thank you all so much.

日本到着は5月13日。成田には両親が迎えに来てくれていて、到着ロビーで再開した。母親が嬉しそうに人垣の先頭で待ち構えていた。懐かしい母の顔に近ずくと、安心して涙が出そうになった。父は後ろに控えていて、迎え入れてくれた。安心感と共に「心配掛けてたんだよな」としばしテンションの高い両親を見ながら、反省させられもした。もちろん、この2年半に後悔はしてない。
無事に帰ってこれたのも、旅中に親切にして頂いた方々や、応援の言葉を送ってくれた人達のお陰です。生きて帰ってこそ伝えられる旅、本当皆さんに感謝しています。




Many people asked me before going home "what kind of Japanese food I would have at the first day"

で、いろいろな人から聞かれていた質問「帰国してまず何を食べる」という質問。何だったでしょう。

Here is,,,, Ramen noodle. It was sooooo tasty, but a bit small portion for cyclist stomach. It was absolutely beautiful taste!!

ラーメンでした^_^ サイクリストの胃袋には足りなかったけれど、本当美味しかった。やっぱり日本のラーメンは最高!!



This is Japanese breakfast.
そして日本の朝食

感無量 awesome!!!



As I went back and started new life here, I deserved some rest. However, it was a bit busy for last a week.
There was press interview sat up at city hall couple of days after. I was on several different news paper and will on TV.

そこから家に帰って、しばらくゆっくり。というのが理想だったのだけれど、帰国して早々忙しい日々になった。
新聞・テレビ記者を前にして川越市役所での帰国報告。その後数日、新聞各紙で大きく取り上げて頂く事となった。



My duty after such a irreplaceable experience will be to tell people what I've seen and felt oversea and must do something in return for kindness of the people I met.
That's is my real goal and the way to be "true wealth".
I hope I can get such a job and also a girl in order to move my life forward.

これからの私の責務は伝える事、そして社会貢献だと思っている。いずれ仕事の中やそれ以外で途上国の人達の自立支援をビジネスとして形にしていきたいと考えてる。
ただ、それを形にしていくのにも、まだまだスキルや知識が足りない。まずは良い仕事を探し、その中で目標を具体化していければと思う。



I don't think I do another long bike journey again because I have the new dream as I said. However, still deserve some short sightseeing trip in the future. I've never been to South America anyway.

もう冒険旅行はするつもりは無い。今回の旅で完全燃焼したし、私の次への目標ははっきりとしているからだ。ただ、短期で旅行はしたい。まだ南米行った事無いし。





Again, I really appreciate people who helped and gave me encouragement on my way.
For my parents, I know the gratitude words won't be enough compared to their anxiety last two and half years.
To tell my appreciation, I will do my best in this country.

最後に重複しますが、今回お世話になった方々、励ましの言葉を送ってくれた人達には本当感謝しています。そして2年半心配掛けた続けた両親には、感謝の言葉だけでは全く不十分過ぎる心配をかけたのは解っています。
この気持ちを形にしていく為にもこれから日本で頑張って行きますので、どうぞ宜しくお願いします。




Thank you for watching my blog. I have no plan to close my blog. Hope this blog helps those who are on bike tour and who will take off for it.

おそらくこのブログは更新する回数がかなり減るかと思いますが、閉鎖するつもりはありません。今後、自転車旅を始めようと思う方達のお役にたてれば幸いです。
[2014/05/21 19:35 ] | PostScript あとがき | Comments:(4) | Trackbacks:(0) | page top↑
帰る日, Going Home


The day flying back
ついにこの日がやって来た。





Richard and Betth gave me so much hospitalities during my stay in Cape Town, not only for comfortable cottage many other things. I feel I gain some weight.

ケープタウンで世話になったリチャードとベスには、コテージを提供してもらった以外にも感謝しきれないほど良くしてもらった。おかげで体重は数キロ増えた感がある。



The last 500g steak in Africa with Richard and Betth.






In Doha, Qatar, I had a 20 hours stopover. It was really good. I was saying that because I got so much benefits from international rule; free hotel and meals. I've hard that you would get free accommodation, etc if you had over 8 hours transit according to international flight rule.
Anyway, I could go outside without visas and stay at a business hotel with buffet for 3 meals.

カタールで20時間のストップオーバー。国際空港法?かなにかで、8時間以上の待ち時間があると無料でホテルなんかを手配してもらえるらしく、ドーハでビジネスホテルを手配してもらった。この際、ビザは無料でホテル滞在中の食事も全て込み。朝から晩までブュッフェで帰国前からさらに肥えたきがする。






Now, waiting for getting on board. Here, I'm coming, Japan !!!!

そして現在、成田行きの飛行機待ち。待ってろ日本! 俺が帰るぞ!
[2014/05/12 09:03 ] | South Africa | Comments:(2) | Trackbacks:(0) | page top↑
<<Previous page | HOME | Next page>>